幕末・明治期における進取的音楽感性の形成に関する歴史的研究−長崎における洋楽・清楽・民謡の相互交流史の研究

書籍番号: 63998 (メールやFAXで御注文の場合はこの番号をお知らせ下さい)

[ 編著者 ] 佐々木?爾・鍋本由徳
[ 発行者 ]
[ 刊行年 ] 平17
[ 解説 ] 科学研究費補助金研究成果報告書 A4判80頁 表紙に薄い日焼けあり 本文状態:良好 長原梅園「月琴・俗曲今様手引草」を通して見た進取的音楽感性/「明笛・胡琴・月琴独習新書」を通して見た俗曲の革新/「清風雅譜」収録曲の五線譜化 ほか

イメージはありません。

カテゴリーから探す

コンテンツを見る